お知らせ 初回送料無料キャンペーン実施中

阪本農園(福岡県田川郡香春町)

減農薬にこだわった野菜の生産や、素材の味を大切にした加工品の展開などを行っている阪本農園。脱サラして新規就農した際の苦労や、農業を通じて実現したかった想いなどについて、代表の阪本勇気さんにお話を伺いました。

生産者プロフィール
社 名 阪本農園
代 表 阪本勇気
創 業 2015年
所在地 〒822-1401
福岡県田川群香春町採銅所
公式HP https://sakamotofarm.com/
阪本勇気さん
生産者プロフィール
社 名 阪本農園
代 表 阪本勇気
創 業 2015年
所在地 〒822-1401
福岡県田川郡香春町採銅所
公式HP https://sakamotofarm.com/
地元の良さも、自分の経験も活かせる仕事
──まずは、会社について教えてください。
豊かな自然に恵まれた地元・香春町で、減農薬にこだわった野菜の生産、加工、販売を行っています。もともと私は食品加工会社の工場で働いていたんですが、体調を崩したことで自分の仕事や人生を見つめ直し始めましてね。そこで、妻の祖父が残してくれた休耕地と、自分が培った食品加工技術を活かして何かできないかと考えた結果、今の道に進もうと決意しました。就農から6年、現在ではサツマイモやカボチャ、ジャガイモ、タマネギなどを減農薬で栽培しており、さらに加工品として、素材の味を大切にした野菜チップスやカボチャプリンなどを手掛けています。
──脱サラでの就農、大変だったのでは?
そうですね。私の実家も元をたどれば農家だったのですが、私自身は本当にゼロからのスタートでした。食べ物を扱うのだから安心・安全なものをつくりたいと減農薬にチャレンジしたものの、耕運機の動かし方すら分からない(苦笑)。今でこそ周辺の農家さんと顔見知りになり、教えを請うこともできるようになりましたが、当時の私は誰に何を聞いていいか分からず、かなりの遠回りをしていました。でも、最初に抱いた「みんなに安心して食べてもらいたい」という想いが、どんな苦労も乗り越える力をくれましてね。今では、この仕事が天職だと思っています。
現状で満足せず、挑戦し続けていきたい
──加工品のこだわりを教えてください。
今回『コダワリノワ)』に出品させていただく野菜チップスを例にしますと、素材のサツマイモは私どもの畑で栽培しており、収穫後にキュアリング貯蔵を行っています。キュアリングとは「治療」を意味し、湿度80~90%の密閉空間に50時間ほど置くことで、イモ表面の傷を治し、水分やおいしさを閉じ込めるんです。さらに1ヵ月ほど寝かせることで、サツマイモ本来の甘味を高めています。また、この商品はサツマイモの他にレンコンも使用しているのですが、そのレンコンは佐賀産、さらに味付け用の塩は長崎産と、オール九州にこだわっているのも特徴です。
──お客様の反応はいかがですか?
私どもの野菜チップスで使用しているのは、野菜と、菜種油と、塩だけ。サツマイモ本来の甘味が十分に感じられるので、砂糖すら入れません。そのため、アレルギーをお持ちの方や、糖質を制限されている方でも安心してお召し上がりいただけます。試食されて「これなら食べ続けられる」とおっしゃる方や、リピーターとして「また買いに来ました」とおっしゃる方などは多く、そういったお客様の声を聞くと私たちも非常にうれしくなりますね。もちろん、野菜チップス以外の商品も素材や味にこだわりを持ってつくっており、胸を張ってお薦めできるものばかりです。
──最後にメッセージをお願いします。
従来、当社の商品は道の駅や百貨店、イベントなどでの販売がメインでしたが、ウィズコロナ、アフターコロナを見据え、インターネットや移動車などでの販売にシフトさせつつあります。売り方が変われば売れる商品も変わるため、先ごろは新たに、私どもの畑で栽培したジャガイモやタマネギを使用してコロッケの販売を始めました。今後もこの挑戦心を忘れずに、安心・安全で野菜本来のおいしさにあふれた新商品の開発や、より多くのお客様にお届けできる販売手法の確立にチャレンジし続けていきます。引き続き、阪本農園をよろしくお願いいたします。

最新の生産者の声 NEW ARTICLES

おすすめカテゴリー RECOMMENDED CATEGORY

PICKUPページ SPECIAL FEATURE